« 不良設計マンション(氷山の一角か?) | トップページ | 設計事務所と検査機関がやり玉ですが »

2005年11月19日 (土)

適当に穴開けた建物もありました。

適当に穴開けた建物もありました。

後付の機器の為に、建築物の適当な位置に穴を開ける事は良くあ
ります。その場合は、当然新築では無いので穴を開ける事による
弱まる強度計算などは多分ありません。

まず、機器設置がありですので、それに対する穴の位置は限定さ
れます。

そこが梁だったらどうします???ましてや、H鋼だったりしたら
どうします???

現在のドイツ製のコアードリルならH鋼切れますよ。大変ですが、

元々構造設計がデタラメなのは論外ですが、正しい設計でも、
切っちゃえば、それも論外です。

しかし、元々構造設計がデタラメで、その上切ってしまったら、
責任の所在は何処へいくんでしょうか?

コスト競争のこの時代、何が信用出来るのか?
最近のビルに住めるのか?考えてしまします。

|

« 不良設計マンション(氷山の一角か?) | トップページ | 設計事務所と検査機関がやり玉ですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142731/7189591

この記事へのトラックバック一覧です: 適当に穴開けた建物もありました。:

« 不良設計マンション(氷山の一角か?) | トップページ | 設計事務所と検査機関がやり玉ですが »